RSS


最大4万円まで買取金額UP!フィギュア買取もえたく!
月間ゲーム人気投票★2012年上半期セールスランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エロゲ】『LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~』攻略完了・感想・レビュー 

DSCN1000.jpg



一目でわかるかもしれない『LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~』(エクセル購入後グラフに差し替えます)
キャラ萌2.5システム3
原画2エロ1.5
音楽(主題歌等)4感動・シリアス4
音楽(BGM)4.5笑い3.5
シナリオ4


・1章(氷見歌)
便宜上1章とします。このルートは初めの固定ルートです。物語後半への複線が前半で主に張られ後半ではすみかメインの話になっていきます。バトルのシナリオは「ご都合主義」の真骨頂ともいうべきで、ここまでご都合主義を豪語するのであれば逆に「どうやってご都合主義を展開するかが非常に気になる感じでした。会話もそこまで退屈ではなく、氷見歌との関係も少し早足気味であったが悪くはなかった。白雪がメインであるため物語の革新的なものにはあまり触れないが、それでもバトル、キャラともに非常にいい出来だったともう。ただ残念なのは先生や姉の出番があまりなかった点。白雪が若干空気化しつつある点です。そして同時にこの点が2周目以降どう変わるか楽しみの面でもある



・2章
2章からは白雪以外のルートが解放されてる模様です。いくつか選択肢があるのでそこでそれっぽい選択肢を選べばおkです。


・那岐ルート
シナリオの流れとしてはおおむね1章後半とほとんど変わりがありません。ヒロインが那岐になるくらいで物語の核心にはまだまだ触れない。といった印象。シナリオの出来具合は氷見歌よりも面白かったともいます。特に那岐のかわいさはまじやばかったです。戦闘シーンは1周目と大差なし。


・紫依ルート
シナリオ展開はほかの3ルートとほとんど変化なしです。ただ学園長のことが少し明かされると同時に新たな疑問も出てきます。まだまだ白雪ルートへの複線がメインかなぁ~という印象。紫依のどじっ娘さはいい味を出していたと思います。バトル面はつまらなくはないですがやや那岐や氷見歌と比べると勢いっていうか、「これでもかッ!!!」ってくらいの勢いがなかった気がしました。


・ヒナタルート
基本的な展開はここまでと同じ。ここまでのルートは各ヒロインとその関連する人物の背後関係が少しづつわかってきますが、物語のコアとなる部分が解明されない点は変わりません。ヒナタのキャラは面白くはあったけどいかんせん敵から始まるから触れ合い的なものがやや足りない印象を受けました。バトル面では最後にネズミ達が人間Verに変化するなど盛り上がりはほかのルートに負けないくらいの感じでまさに美しすぎるまでもご都合主義って感じです。

・3章(白雪ルート)
3章が白雪ルートとなり物語の今までの複線の回収などが行われます。このルートでは前半+戦間期+後半と便宜上区分視したうえで、前半と後半はお決まりのバトル展開、そして合間にある白雪のかわいさなど見どころも多くありました。特に前半最後のバトルでは母と娘のもはや親子喧嘩ともいえる言い合いは見ていて非常に面白かった。後半部分はやや飽きが来る可能性も否定はできませんがそれでもここまでプレイした方は最後までプレイするのに苦痛は感じないと思います


・総評
まず原画が・・・それはとりあえずいいとして、物語には多くの複線が用意されていますがはっきり言って白雪でスッキリすべて論理的に解決されるとかはありません。バトルのほとんどはいい意味で「ご都合主義」満載で、そしてその場のノリ!?とも思える勢いで書かれています。のこノリを楽しめるかどうかが本作品の評価の大きな分かれ目になるでしょう。わかりやすくのこノリがどんな感じかをお伝えするのは非常に難しいのですが、体育会系の人であれば『大声だせばなんとかなる!』そんな感じに近いと思います。そしてバトルシーンで大きな声で声優が熱演することにより『負けられない!』って気持ちが伝わってきます。


ここでいういい意味でご都合主義とは稀にあるご都合主義であることを必死に隠してそれっぽく論理つけたような作品とは違い、もはやご都合主義は大前提でそのご都合主義をどうのようにそれっぽく熱く見せるか。そこの部分が非常に良かったという意味です。



ただこの作品で問題となる点は極端なこと言えば全ルートバトルで主人公たちが勝つ過程は本質的には変わらない点。つまり先ほども言いましたが、ともかく最後はキャラが叫んで、英雄の力を使ってどうにかなった!ってことを5ルート繰り返すのでバトルシーン“飽き”が来てしまう方もいる可能性が高い作品だと思います。また萌えにはあまり期待できません。どうしてもバトルがメインとなるため日常シーンが少ない、またサブキャラで印象の強いキャラが多数いるためそちらの方が印象に残りやすいといった点が原因でしょう。


しかし全体としては一定の条件の下でおすすめ出来る作品だと思います。ますおすすめできる理由は、シナリオは確かに恥ずかしくなるようなセリフ等あります最終ルートでは大円満で終わること、主人公最強、であったり声優の絶叫が凄く『負けられない』って気持ちが伝わりやすい点などです。一定の条件とは1.細かいことは気にしない2.体験版を必ずプレイしておく、事です。特に2の体験版はデータが本編に引き継げるのでやってみて損はないでしょう。体験版は公式、もしくはげっちゅ屋やミラーサイトにてDLできます。

最後に、Windows7 64bit動作可
【Amazonで買う】
LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~ 初回限定版[アダルト]LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~ 初回限定版 [アダルト]
Windows

NONSUGAR

Amazonで詳しく見る

【げっちゅ屋で買う】
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagyuerogemaer.blog27.fc2.com/tb.php/741-69e242d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。