RSS


最大4万円まで買取金額UP!フィギュア買取もえたく!
月間ゲーム人気投票★2012年上半期セールスランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エロゲ】エロゲ市場10比で40億円縮小へ・・・終焉は近いか!!?? 

http://animeanime.jp/article/2012/10/15/11758.htmlより


8173.jpg


矢野経済研究所によるオタク産業の市場規模の調査が15日発表されました。



当ブログの閲覧者の気になる所はアダルトゲーム枠ですが、非常に残念なことに市場規模の縮小に歯止めがかかっていません。



2010年には261億円規模だった市場は12年には215億円となり46億円の市場規模縮小となっています。一方で恋愛シュミレーションの規模は+44億円。ただしこの恋愛シュミレーションには『各事業者がモバイル端末向けにゲームを開発・配信したことにより一般女性ユーザーが増加し、大きく拡大した』(上記より引用)とあり一概にエロゲ市場がそのまま非18禁に流れたとは言えない状況です。


考えられる要因


1・・・割厨
2・・・エロゲ事態がマンネリ化しユーザーの流出
3・・・非正規雇用の増加
etc など多くの要因が考えられますが、私が一番思う点は2ではないかなと思います。


割厨の問題も確かに問題では有りますが、10年比ですからもはやその時にはすでに、エロゲの割問題は手の施しようがない状態です。強いて言うならこの時期からでしょうか・・・アクティベーションが導入され始めたのは・・・これにより新品複数買いが制限されましたからむしろこっちは影響あったかもしれません。



でも一番は2番でしょう。同じようなシナリオ、展開そういったのが多すぎて単に面白いエロゲが無くなったとも考えられます。LeafやKeyの存在感も最近はあまり感じられませんしね。わかりやすく言うと広くユーザーに受け入れられるような作品、75-80点くらいの佳作作品は多く生まれている気がしますが、85点以上の名作とか神作とか言った一癖も二癖もありながらも、多くのユーザーが面白いと言える作品が無いと思います。たとえばエロゲ黄金期と言われた名作には現在では考えられない設定が多くあります。


家族計画・・・真純が非処女でバツイチ、準が薬の売人、キャバクラでバイト
CROSS†CHANNEL・・・主人公が救われない。ハッピーエンドにはならない
パルフェ・・・ヒロインの姉がバツイチ


などなど。今は出てくるヒロインみーんな処女、男性経験無し、でもえっちな事は知識で知ってる(キリッ

って感じですからね。設定にマンネリ化して、興味がそそられない作品も多い。そういった意味じゃオーガストの出したユースティアは久しぶりにみる名作だったともう。結構、ヒロインと死別とか、虐待されていたとか、そういった微妙に萌ゲーマーには受け入れられない設定が多かった。



そういった挑戦する姿勢もエロゲメーカーには必要なのではないか?エロゲがオタ文化の最先端をいかないでどうするんだ!と思うこのごろ。




関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagyuerogemaer.blog27.fc2.com/tb.php/1039-1aec3ae3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。