RSS


最大4万円まで買取金額UP!フィギュア買取もえたく!
月間ゲーム人気投票★2012年上半期セールスランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エロゲ】『Re.birth colony-Lost azurite-』攻略完了・感想・レビュー 

fc2blog_20120929210611247.jpg


一目でわからないかもしれない『いろとりどりのヒカリ』
キャラ萌3システム4
原画3.5エロ3
音楽(主題歌等)4感動・シリアス2.5
音楽(BGM)3.5笑い3
シナリオ3.5



共通(総プレイ時間25時間35分)
共通√は第6話の『ロストアズライト』まで。


ここまでの流れは比較的穏やかに物語が進んでいきます。萌ポイントは他のエロゲから比べるとやや少な目です。
体験版やっていればその雰囲気のままなのであまり言及する点もありませんが、強いて言うなら、閑話の設定が他の作品にはあまり見られない設定です。


一般的なエロゲは・・・選択肢の先はそのヒロインとの為のもので他の√から見れば「もしも」の世界に近いですが、今作では「もしも」では終わりません。なのでたとえばノイエ√を追っていない場合は、急にノイエのソウジへの呼び方が「先輩」に変わったりしてびっくりする人もいるかもしれませんね。


話の流れとしては飽きさせないように物語を進めながらエロも入れてって感じで非常に進めやすいです。会話のテンポも良くサクサク進んでいきます。


総評
個別にそれぞれの評価をするのは難しい作品なので総評で変えさせていただきます。


このゲームの大きな失敗点と成功点は『展開がほとんど一緒』という点でしょう。いわゆる、このヒロインを選ばなかった世界はどうなっちゃうの?的な疑問が生まれる余地はありませんが、一方で世界観が狭くなっている気がします。たとえばノイエ√などではもっとステロングローブとの展開が有っても良かったし、瑠璃√もしくはセルリア√ではゲンチアナと議会の全面抗争的な展開もあっても良かったと思います。




しかしそんなことは無く、ゲンチアナの藍玉とは主人公のただの小間使いで、ステロングローブはただのドラえもんの秘密のポケット程度の価値しか生まれていなかったと思います。とくに後者は瑠璃√で顕著で瑠璃が女王と同一化したのはいいとしても、その後無理やり救済ハッピーエンドは必要だったのだろうか?ステロングローブというウルトラパワーを使って何とかしたって感じですが、ヒロイン殺したままじゃユーザーが発狂するかもしれない・・・という弱気のシナリオ展開になった結果かな?と思います。



展開が同じという事でアズライト√でどのようになるのか?の期待は生まれました。実際に予想よりも各ヒロインの見せ場が用意されていたのでそういった意味では、最後まで好きなヒロインの活躍を見れる内容だったと思う。


ただ一つ納得というか理解できないのは、瑠璃√で次代の女王を瑠璃にすることに反対した理由は一目瞭然ですが、アービノスがなぜ他の2√でベレンスを殺したか?ですね。考えられる可能性として


1.青い少女の洗脳されまくってどうにもならなかった

2.劇中でもあったが、本当にこのやり方が正しかったのか?という疑問が湧きその結果、ベレンスを殺害し、自分もソウジに殺されることにより事態の鎮静化を図った。



私は2の方かなと思います。




少し長くなりましたがそろそろまとめに入りますが、このゲームを評価するとしたら、凡作~佳作といったところでしょうか?決してつまらなくはなかったし、体験版の期待値からダウンさせることも無く、シナリオ展開もうまくまとめられている反面、もっと各登場人物、機関を各個別で機能的に使い展開を広くすることはできなかったのかな?と思います。


ただフェークアーコロジーをやってない私から言わせると少なくとも前作をやってみてもいいかな?くらいには面白かったです。
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagyuerogemaer.blog27.fc2.com/tb.php/1037-0008a8ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。